【久留米市】昭和23年4月に屋台から始まった「潘陽軒(ばんようけん)本店」。久留米のとんこつラーメンの源流といえる味わい深い一杯。

久留米市六ツ門町、国道209号線沿いにあるラーメン屋「潘陽軒(ばんようけん)本店」

2024年潘陽軒(ばんようけん)本店昭和23年(1948年)4月に屋台から始まり、お店を構えたのは昭和28年(1953年)。この地で支店もなく1店舗のみ、70年以上営業を続けている久留米ラーメンを代表する老舗店です。

メニュー

特製ラーメンやワンタンメン、チャーシューメンなどのラーメン類、焼きめしやぎょうざ、ダルム焼きなどを提供されています。

2024年潘陽軒(ばんようけん)本店また、お昼時はランチタイムメニューもあります。

2024年潘陽軒(ばんようけん)本店

大満足の大盛りセット

今回、潘陽軒本店でランチタイムメニューから食べてみたのは「大盛りセット1,000円」。

2024年潘陽軒(ばんようけん)本店大盛セットの内容は、大盛りラーメンにご飯orいなり(3個)、餃子(4個)。

潘陽軒のラーメンは、豚骨臭があるのに全く感じない薄味で優しい味わい。

2024年潘陽軒(ばんようけん)本店久留米の豚骨ラーメンの発祥である「南京千両」の次に古いだけあり、深みのあるバランスのとれたスープに舌鼓。味の深さに歴史を感じちゃいますね〜

【久留米市】九州のラーメン発祥のお店「南京千両 国分店 」。この一杯を食べないと久留米のラーメンは語れない。

潘陽軒は替え玉ができないので、大盛りセットのラーメンには麺が2玉入っています。それもあってかなりのボリューム!

2024年潘陽軒(ばんようけん)本店大盛りラーメンにご飯と餃子も付いているので大満足のセットでした。

2024年潘陽軒(ばんようけん)本店

外観

2024年潘陽軒(ばんようけん)本店お店はビルの1階部分、新世界横丁内にあります。

2024年潘陽軒(ばんようけん)本店潘陽軒(ばんようけん)本店はこちら↓

2024/06/20 08:20 2024/06/20 19:04
いいコレ+

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集