【久留米市】2024年4月1日(月)12時(正午)から開始される新サービス「Charichari(チャリチャリ)」とは?

2024年4月1日(月)12時(正午)から久留米市でシェアサイクルサービス「Charichari(チャリチャリ) 」が開始されます。
2024年Charichari(チャリチャリ) 開始久留米市では、市民の皆さんや久留米を訪れる方が、安全かつ快適、気軽に自転車を利用できる環境づくりを進められています。

今回、福岡市や熊本市でシェアサイクル「チャリチャリ」を展開しているneuet株式会社と2023年11月16日(木)に連携協定を締結しました。
身近な交通手段として自転車を共有することで、久留米市民及び来訪者の自転車利用の利便性向上を図り、日常の移動や観光拠点への周遊を活性化することを目的とされています。

特徴

公共施設や商業施設等に設置された多数のポート間移動が可能
「自転車を見つける」・「鍵をあける」・「料金を支払う」がスマートフォンで完結します。
1分単位の料金設定で、チョイ乗りに便利です。
小さめの20インチで、幅広い方の利用が可能となっています。

使い方

2024年Charichari(チャリチャリ) 開始1、みつける

チャリチャリアプリの地図を見て、街なかのチャリチャリを見つけます。
2、鍵をあける
自転車についている鍵のQRコードを、チャリチャリアプリの「鍵をあける」から読み込み、鍵をあけます。
3、ライドする
目的地付近にあるチャリチャリ専用の駐輪ポートまで移動します。
4、鍵をしめる
車体にあるつまみを押して鍵をしめ、ライドが終了したことをアプリで確認します。
(注意)チャリチャリアプリの利用には、事前にアプリのダウンロードが必要です。

料金

2024年Charichari(チャリチャリ) 開始・ベーシック:7円(1分当たり)
・電動アシスト:17円(1分当たり)

展開エリア

17か所のポートと150台の自転車(ベーシック130台、電動アシスト20台)でスタートし、ポート数や自転車数を順次拡大していきます。
ポートの場所など、詳細はチャリチャリアプリ内でご確認ください。

お問い合わせ

アプリの操作やサービスに関することなど、ご不明な点は、チャリチャリカスタマーサポート(コールセンター)にお問い合わせください。


ヘルメットの貸出

改正道路交通法の施行により、すべての自転車利用者のヘルメット着用が努力義務となっています。
久留米市では、有料自転車駐車場3か所と観光案内所2か所でシェアサイクルを利用される方へのヘルメットの無償貸出が行われています。安全のため、自転車に乗る時はヘルメットを着用しましょう!

貸出・返却窓口一覧

貸出・返却場所:
[JR久留米駅周辺]
・JR久留米駅東口自転車駐車場(運営時間6時~23時30分)
・久留米市観光案内所(JR久留米駅構内) (運営時間9時~18時30分)
[西鉄久留米駅周辺]
・東町地下自転車駐車場 (運営時間6時~23時30分)
・西鉄久留米駅高架下自転車駐車場 (運営時間6時~23時30分)
・久留米市観光案内所(西鉄久留米駅バスセンター構内) (運営時間9時~17時30分)
ヘルメットは各施設に2つずつ用意されています。※数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。
貸出・返却のご対応は、各施設の運営時間内。返却は、原則当日中にお願いいたします。
(注意)西鉄久留米駅の観光案内所は、お昼の間一時閉鎖します。(原則12時~13時からですが、来客の状況により、閉鎖時間が異なる場合があります。)

ご利用方法

1、ご希望の窓口にて、ヘルメット貸出を申し出る
2、身分証明書を提示する
3、ヘルメットを借りる(ヘルメット用使い捨てインナー紙帽子もあわせてお渡しします)
4、返却予定日時までにヘルメットを返却する

2024年Charichari(チャリチャリ) 開始シェアできるチャリチャリは、赤い可愛い自転車のようです。ちょっと借りて移動して簡単返却。

ちょっとしたお出かけにぴったりの「Charichari(チャリチャリ)」をご利用してみては。

2024/04/01 12:00 2024/04/03 08:46
いいコレ+

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集